防犯

親としてはいくつになっても心配は尽きません…

にゃんこ先生にゃんこ先生

「いかのおすし」で防犯対策。幼稚園や保育園は親の送り迎えや送迎バスがあったので安心ですが、入学後は自分で歩いて登下校しなければいけません。地域によっては小さい子どもだけになってしまうこともあるのでやっぱり心配です。

人通りの少ないところでの独り歩きは特に心配ですね。

自分の身を守るための防犯標語
 学校では入学後から「いかのおすし」という言葉が教えられます。子どもには防犯ブザーも配られます。本当に嫌な世の中になってしまいましたね。
防犯の合言葉「いか」…知らない人について「いか」ない
「の」…知らない人の車には「の」らない
「お」…連れていかれそうなときは、「お」おきな声を出す
「す」…危ないときには、「す」ぐ逃げる
「し」…何かあったら、すぐ「し」らせる
 昔から、「知らない人にはついていかない」ということは言われてきました。今の子はかなり用心深くなっているはずです。しかし、残念な事件は無くなりません。とにかく、独りで歩く時間・距離を短くすることです。決められた通学路を歩く。登下校の時間を守るといったことで自分の身を守っていくことが大切です。

低学年には具体的な話で

「いかのおすし」を教えても、小さければ小さいほど具体的な場面を想像してお話しないと子どもには伝わりません。「不審者」という言葉も、小学生になって初めて聞く子も多いはずです。

お母さんお母さん

「お母さんのお友だちだよ。お母さんが事故にあったの。病院まで連れて行ってあげる。」は違うからね!

 昔からある例ですよね。こんなのにひっかかる子なんていないと思うのですが、それが「振り込め詐欺」と同じで、相手の心の不安や親子愛に付け込んでくると騙されてしまうこともあるんですね。「誰かが言ってきてもちがうんだよ」と教えておかないと、「もしかしたら」って思ってしまうんですね。そういう大事な時はおじいちゃん、おばあちゃん、お父さんなどが来るから家に帰るか、学校の先生に確かめるようにするんだよ。と、とるべき行動まで言っておくことが大切です。

子ども110番の家

 通学路には、危険なことがあったら子どもを守ってくれる「こども110番の家」という表示がついている家があります。ボランティアで登録して貼っているご家庭ですので、こういう家がたくさんある地域は安心ですね。でも、10年以上続く制度ですので、状況が変わってきていることもあります。親子で通学路を歩いてみて、スクールガードさんや見守りのボランティアさんに会ったらしっかりご挨拶をしてお礼の気持ちを伝えておきましょう。子どものことを温かく見守ってくださっています。

ほかにも危険がいっぱい

お母さんお母さん

 うちの子、人の話も聞いていないし警戒心もないから本当に心配。信号無視の車も本当に怖いわね。

 最後に、子どもの安全を脅かすのは「不審者」ばかりではありません。身の回りの環境も子どもにとって危険なところがないか確認しておくことが大切です。例えば、エレベーター。首にとび縄をまいたまま乗った子が引っかかって亡くなったというようなこともあります。今でこそ少なくなりましたが、空き地に捨ててある冷蔵庫に入って死亡した例もあります。危険予測ができないまま大きくなって、中高生で亡くなっている例もありますが、身の回りの環境でどんな危険が潜んでいるのか想像できない子が多くなっています。より具体的に、どうしてそれが危ないのかを教えていきます。子どもは「自分は大丈夫」「できる」と思っています。不審者だって何かしてきたらやっつけちゃえと思っている男の子は必ずいます。勝てると思っているんですね。川だって、泳いで渡れると思っているんです。空だって飛べる。ベランダから落ちたって、着地をすればいいと思う子もいるんです。何かあってからでは遅いので、「こんなことは言わなくても」と思わずお話してあげたほうがいいですね。